トラブルが起ったら

水のトラブルはいつ何時どこで起こるか分かりません。ただ、トラブルが起る前には何らかの前兆があるはずです。なんとなく水の流れが悪かったり、蛇口から水が垂れはじめたり、異臭がしてきたりと、これから大きなトラブルが起るというサインが必ずあるわけです。

ラバーカップそういった前兆を察知できれば、大きなトラブルの前に対処できます。水漏れがちょっと気になるようでしたら、ナットを締めたりパッキンを交換することで症状が収まることがあります。異臭がするようでしたら、排水管に何かがつまっていることが考えられますので、ラバーカップなどでつまりを解消すればいいだけのことです。このように水のトラブル初期段階の場合は自分で修理し解決することができます。しかし、それ以上のトラブルになるとやはり修理業者に依頼することになります

水のトラブルはある程度までは自分でなんとかできますが、その程度を超えてしまうと専門の修理業者に見てもらってください。水のトラブルに対応してくれる修理業者は、その多くが24時間受付けをしてくれていますので、深夜にトラブルがあったときなど、とても助かります。家で水を使う限り、水のトラブルは、避けようのないものです。自分で直せるのであれば、それでいいですし、急を要する場合などは修理業者に依頼して、トラブルがそれ以上大きくなるのを防ぎましょう

トラブルの原因

家の中には水のトラブルが起りかねない場所がたくさんあります。その水のトラブルですが、大きく分けると、「水漏れ」「つまり」「部品の劣化」となります。ではまずその水漏れですが、水道代が少しずつ高くなっていると感じたら、どこかで水漏れが発生しているかもしれません。もちろん、目に見えて水漏れしているところもありますが、中には目に見えない部分で水漏れが発生していることもあるのです。

キッチン次に、つまりです。つまりは、排水管に異物が入っていたり、髪の毛や生ごみなどが流れずつまりの原因となっていることが多く挙げられます。キッチンのシンクの水はけが悪かったり、トイレの流れに異常を感じるようなことがあれば、つまりを疑う必要があります。

また、水道は部品の劣化が激しい箇所でもあります。常に水に触れているところですので、この部品の劣化や故障が起こりやすくなっているのです。症状としては、トイレであればタンクに水が溜まらなかったり、水流が弱い、異臭がするなどといったものがあります。また、キッチンであれば、赤い水が出る、蛇口を締めても水が垂れる、排水口からの異臭といったものでしょう。他にも洗面所やお風呂場でも同じようなことが起こります。このように水のトラブルにはそれぞれに原因があるのです。

【次ページ】
トラブルが起ったら

トラブルの起こる場所

シャワーヘッド普段、何げなく利用している水道ですが、もしこの水道が使えなくなったらどうしますか。料理は作れませんし、お風呂にも入れません。水のトラブルは生活する上でとても大きな問題なのです。では、この水のトラブルにはどのようなものがあるのでしょう。

まずは、水のトラブルが起る場所です。最も多い場所としてはトイレがあります。よくあるトラブルとしては、タンクからの水漏れや、異物によるつまりなどです。次に、キッチンですが、こちらは蛇口から垂れる水や、流し台に水が溜まる、あるいは出てくる水が錆色などというトラブルです。また、洗面台では排水のつまりや蛇口のぐらつきがよく見られます。

他にもお風呂場でのトラブルとしては、髪の毛などによる排水口のつまりが多く、また、シャワーヘッドからの水漏れや給湯器の故障なども頻繁に起こっています。そして、このお風呂場の近くにある洗濯機も、水のトラブルの宝庫と言えます。例えば、洗濯機の蛇口からの水漏れは当たり前にありますし、排水ホースの劣化による水漏れも考えられます。もちろん、ベランダや庭にある水道も異臭や、水漏れといったトラブルがあります。こうしてみると、水のトラブルは家中のあちこちに存在していると言えるのです。

【次ページ】
トラブルの原因

水のトラブルと対応策

トイレ日常生活を送る上で、最も欠かせないものと言えば、水道です。お風呂や料理、トイレや洗顔などあらゆる場面で水は使われています。では、もしこの水道にトラブルがあればどうでしょう。キッチンは使えませんし、お風呂に入ることも、手を洗うことさえできないのです。こういった水のトラブルですが、具体的にはキッチンや洗面所であれば蛇口からの水漏れや排水管のつまりがありますし、トイレではタンクからの水漏れや同じく排水管のつまりが考えられます。

このように、水のトラブルは水のあるところに必ず潜んでいるわけです。この水のトラブルですが、ほとんどの場合3つに分けられ、まずは水漏れです。水漏れの原因としては接合部分のナットの緩みやパッキンの劣化がありますので、ナットを締め直したり、パッキンの交換で対応できます。また、2つ目の原因としてつまりがありますが、こちらは排水管に異物が混入したり、経年による汚物のたまりによるものです。専用の液体クリーナーやラバーカップなどで対応できるでしょう。そして3つ目の原因として、部品の劣化があります。これも、ホームセンターなどで替えの部品があり、自分でできる範囲であれば対応できます。

水のトラブルは、原因が分かれば自分で対応できるものもありますが、トラブルの度合いがひどい場合は、専門の修理業者に依頼するしかありません。深夜のトラブルや急を要するものであれば、なおさらでしょう。このサイトは、このような水のトラブルの対応について説明します。

【次ページ】
トラブルの起こる場所